機能性食品事業

 成熟した現代社会では、保健機能食品や化粧品などの分野で機能性素材が注目を集め、更なる成長を続けています。


 一方、香りは古くから食品の防腐、消臭やマスキングなどの用途に使用されている事から、香りの持つ「着香」以外の機能に着目して研究を進めて来ました。
 特に食品として口から摂取される場合、口腔内で機能性成分の効果は得やすいと考えております。
 そこで我々は口腔衛生に着目し、口臭予防を目的とした口腔内衛生用食品素材や、生活の質(QOL)の改善をテーマとした機能性食品素材の研究開発を行っております。


 機能性素材は摂取食品形態や使用場面を想定し、機能性成分が十分にその効果を発揮できるように安定性や溶出時間を考慮した製品開発を目指しております。
 機能性食品研究室が開発した素材は菓子、健康食品、飲料など幅広い食品分野で利用されております。
 多様な社会やお客様のニーズを満たすべく、適正に有効性が評価された独創的な機能性素材を提供致します。

用途

  • オーラルケア製品
  • トイレタリー製品   等

製品例

  • 消臭剤(オークリーン)
    数ある植物素材の中から厳選し、口臭の主原因であるメチルメルカプタンの消臭に適した植物性消臭素材を開発しております。他の植物性消臭剤と比べ味がマイルドなので、さまざまな商品に使用可能となっております。
     
  • 口腔用抗菌香料(ミントエンハンサー)
    古くから使用されている香辛料の防腐効果を参考にして、口腔内細菌や咽頭部の細菌に対する抗菌作用を研究し、その中から得られた知見を元に、口腔用抗菌香料を開発しました。